<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3月3日深夜〜4日の占機 | main | 3月24日深夜〜3月25日の占機 >>

3月10日深夜〜3月11日の占機

0
    兵庫県明石市、東経135度が標準時間です。
    下記を参考に、お住まいの地域の時差を考慮してください。

    青森、函館が+23分。東京が+19分。 名古屋は+8分。京都、奈良+3分。 広島-10分。福岡-18分。鹿児島-18分。那覇-29分。

    * 例えば、東京だと、22:41になった時点で23:00になります。 時間の境目にこのページを訪問した人は、前後の占いを参考にしてくださいね。

    1. 3月10日23:00から11日1:00までの間(子の刻)
    何かと障害に阻まれ、悩みが深まりそう。特に恋愛。
    相手が年上なら、頼って乗り切れる。
    ラッキーアイテムはきちんとした装い。

    2. 3月11日01:00から03:00までの間(丑の刻)
    花粉症が悪化したり、自分ではどうしようもできないトラブルに巻き込まれたり。。。
    心休まらない日々を過ごしているかも?
    すべて災難と思って受け入れて、仕事に打に打ち込むと良いよ。

    3. 3月11日03:00から05:00までの間(寅の刻)
    気持ちの浮き沈みが激しいとき。
    自分を信じていれば、やがて状況は好転する。
    頑張ったら頑張った分だけ見返りはある。

    4. 3月11日05:00から07:00までの間(卯の刻)
    あっちこっちに良い顔をしてしまって、大変な状況。
    だけど、冷静に分析して大胆に実行することで、どんなこともクリア。
    リーダーシップを発揮できる。

    5. 3月11日7:00から09:00までの間(辰の刻)
    強気でいても大丈夫。ただし宴席で調子にのっちゃだめ。
    気分はイケイケのときなので、怪我にも注意が必要。
    栄養価の高い食事と運動で運気をアップしよう。

    6. 3月11日09:00から11日11:00までの間(巳の刻)
    まじめに遣りすぎて逆にストレス溜めちゃったかも。
    ストレス解消に、たまには羽目をはずすのも悪くない。
    けど、仕事の環境がガラッと変わる可能性があるから、体調管理には気をつけて。

    7. 3月11日11:00から13:00までの間(午の刻)
    集中力の高いとき。努力が認められる。
    お金は出たり入ったり。
    恋愛モードになりにくいので、しばらく恋人とは距離を置いた方が良いかも。

    8. 3月11日13:00から15:00までの間(未の刻)
    な〜んか意固地になって周囲と衝突しそう。
    面倒見のよさもおせっかいに見られる。
    時には自分の弱さをさらけ出してみたら?
    ラッキーアイテムはアロマキャンドル。

    9. 3月11日15:00から17:00までの間(申の刻)
    独りでこつこつ頑張るとき。
    しっかり計画を立ててやれば結果はついてくる。
    お休みの日は遠出して息抜きしよう。

    10. 3月11日17:00から19:00までの間(酉の刻)
    恋愛トラブルの予感。三角関係???
    人がたくさん集まるところで出会いがありそうだけど、浮気に注意。
    長い付き合いの人とはマンネリ化しない工夫を。

    11. 3月11日19:00から21:00までの間(戌の刻)
    本当の自分をアピールできていないかも。
    自己満足で終わらないように、言うべきことははっきり言おう。
    相手に伝える努力をするともっと輝ける。

    12. 3月11日21:00から23:00までの間(亥の刻)
    知的好奇心が旺盛で、何かを学ぶのは良いとき。
    思いがけないお金が入るかも知れない。突然の出会いもある?
    結婚を考えている人は、結婚決まるかも。



    ・*:..。o○☆*゚・*:..。o○☆*゚・*:..。o○☆*゚・*:..。
        ≪メール鑑定・(出張)対面鑑定のお問い合わせ≫
         hanana-violetcress@nis.holy.jp
      ・*:..。o○☆*゚・*:..。o○☆*゚・*:..。o○☆*゚・*:..。
    花菜 * 紫微斗数 * 23:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ